Izzie Life

快適ライフを手作りで

Automator 右クリックからリサイズした写真を新規フォルダに入れる設定

Automator 右クリックからリサイズした写真を新規フォルダに入れる設定

MacのAutomator(オートメーター)を使用して、自動で写真をリサイズし、Exif情報を削除し、新規フォルダに移動させる設定をご紹介します。

これまでWindowユーザーだったのでPhotoshopを使用していたのですが、MacにしたらPhotoshopなんて全然必要なく、「プレビュー」のマークアップを使用するだけでブログに使う写真の加工が十分できることがわかりました。

ただ「プレビュー」にはPhotoshopのようにバッチ処理(一括処理)する方法がないようです。そこで、Macに標準搭載されているAutomatorというアプリを使用して、写真を編集してみることにしました。

Automatorはドラッグ&ドロップだけで簡単にマクロを組めるアプリなのですが、なにせマクロなんてなーんにもわからないど素人なので、簡単な設定をするのにも丸一日苦労しました。

Automatorの詳しい原理などはさっぱりわからないのですが、トライアンドエラーでなんとか自分のやりたいことができるようになったので、これからAutomatorを使ってみようという方の参考になればと思います。

Automatorで設定したいこと(ゴール)

Automatorを使うときはまず最初に「どうしたいのか」というゴールを設定するとよいとのことでしたので、まずやりたいことを箇条書きにしてみました。

1. 写真のリサイズ(長辺を1000pxにする)し、ファイル名の最後に「_re」をつける
2. 写真が保存されているフォルダに新規フォルダを作成し、フォルダ名を「リサイズ」にする
3. Exif情報を削除
4. jpegにする

上記の動作を写真選択→右クリックで表示される「リサイズ」をクリックすることで実現する。

Automator リサイズした写真を新規フォルダに入れる設定 右クリックで表示

Automatorの設定方法

では、さっそくAutomatorを設定してみましょう。

1. Automatorアプリを開く
2. 「クイックアクション(旧サービス)」をクリック
3. 一番上で「ワークフローが受け取る現在の項目」を「イメージファイル」
  「検索対象」「Finder.app」と設定
4. 左側のコラムから「変数の値を設定」を追加。一番下で変数「リサイズ」を作成して、「変数」のところにドラッグ&ドロップ。
5. 「新規フォルダ」を追加して、名前「リサイズ」、場所「入力と同じフォルダ」に設定。これで、写真があるフォルダのなかに「リサイズ」というサブフォルダが作成されます。
6. 「フォルダの内容を取得」を追加。
7. 「Finder項目の名前を変更」を追加。「テキストを追加」を選んで、「追加するテキスト」に「_re」を記入。これで、写真ファイル名の最後に_reがつきます。

Automator リサイズした写真を新規フォルダに入れる設定

8. 「イメージをサイズ調整」でサイズ(ピクセル)指定で1000に設定。
9. 「イメージのタイプを変更」で「変更後のタイプ」を「JPEG 2000」に設定。
10. 再度「イメージのタイプを変更」で「変更後のタイプ」を「JPEG」に設定。一旦JPEG 2000に設定すると、Exif情報が削除されます。

Automator リサイズした写真を新規フォルダに入れる設定

11. Command+sで保存し、ちゃんと動作するか確認する。

今後の課題

マクロなんてまったくわからないので、↑の設定をするだけで丸1日悩みました。同じく悩んでいる方の参考にしていただけたらと思います。

今後の課題としましては・・・上のスクリーンショットをみていただいたらわかると思いますが、「プレビュー」のリサイズ機能を使うとかなりぼわーーーんとボケることです。Automatorを使わなくてもボケるので「プレビュー」の性能の問題なのだと思います。「プレビュー」のマークアップで精一杯見やすく「シャープネス」を上げてるのですが・・・Photoshopでは綺麗に縮小できていたので、残念です。

あと、AutomatorでWatermark(ウォーターマーク)を自動で入れようと頑張ったのですが、どうにも綺麗に入らなくて断念しました。自動で入れるとどうしてもボケるし、いい位置に入らなかったり、色が重なって見えなかったり・・・。「プレビュー」にもPhotoshopのようなスタンプ機能があったらいいのですが・・・。どうしてもWatermark(署名)を入れたくなったら手入力でテキストを入れるしかなさそうです。

Automatorや「プレビュー」でうまく写真加工できる方法がまた見つかりましたらご報告しますね!