Izzie Life

快適ライフを手作りで

ミニマリスト的写真整理術!無料クラウドで写真・動画の簡単整理バックアップ方法

ミニマリスト的写真整理術!無料クラウドで写真・動画の簡単整理バックアップ方法

写真・動画の整理方法をようやく決定できました。インターネットにはいろんな写真サービスがあるため、あれこれ比較検討した結果、一番お金がかからず、また自称ミニマリストとして家に物が増えない方法で写真管理・バックアップできるようになりました。

子供が生まれてから無尽蔵に写真が増えるようになりました。最近はスマホやタブレットで簡単に撮影できるようになったので夫婦ふたりして同じような子供の写真を何枚も撮ってご満悦・・(昔もスマホやガラケーで撮影できたけど、画質が悪かったのであまり撮影しなかったんですよ)。

我が家のように写真を撮りすぎて、
写真が増えすぎてスマホのストレージを圧迫してきた・・・
PCのハードディスクがいっぱいになってきた・・・

そんな方にわたしの写真管理方法を参考にしてもらえればと思います。

写真を3つの場所に保存

まずざっくりとわたしの写真・動画管理方法をまとめますと・・・

1. Googleフォト
2. PC(Mac)と外付けSSD
3. Amazon Photos

以上の3箇所に写真・動画を保存することにしました。

Googleフォト

言わずと知れた写真・動画管理アプリです。写真や動画が圧縮されてしまうけれど、無料で使用できるのがとっても魅力的!

使い方はとても簡単で、スマホで撮った写真なら自動でアップロードしてくれます。デジカメで撮った写真は一旦PCに入れて、そこからSafariで開いたGoogleフォトにドラッグ&ドロップしています。

PCからもアップロードできるので、過去の写真(結婚してから15年間の写真)もすべてアップしました。震災などでPCや外付けSSDがなくなってしまっても、これで写真がなくなってしまうことはありません。

また、共有機能もしっかりしているので、我が家では夫や祖父母と子供の写真を共有するのに使っています。夫が撮影した写真や動画もGoogleフォト経由で共有してもらって、自分のフォトライブラリに追加しています。

写真の整理はGoogleフォトにほぼお任せ。Googleフォトが自動で「○年前の思い出」や「成長記録動画」など楽しいコラージュや動画を作ってくれます。自分では、子供の「○歳○ヵ月」のアルバムを毎月作成し、お気に入りの写真・動画を入れ、祖父母と共有しています。

Googleフォトのデメリットは、やはり無料であるがゆえにいつなくなるかわからない、ということでしょうか。そのため、Googleフォトに頼り切るのではなく、別の保存先も作っています。

PCと外付けSSD

1ヶ月ほど前にPCを買い換えました。これまでは、PCを買ったら古いPCから写真データをすべてコピーしていたのですが、今回はPCにコピーするのではなく、外付けSSDを購入してそちらに古い写真を保存することにしました(PCの容量を減らしたくなかったので)。

外付けSSDというのは、昔でいう外付けHDDのことです。HDDのようにケーブルでPCに接続して、データを移行できます。SSDはとーーっても静かで、しかもデータ転送時間がものすご〜〜く速くて、HDDとは比べ物になりません。お値段も、容量が少なければそんなにHDDと違いません。外付けHDDを検討されている方はぜひSSDも検討してみてください。

BUFFALO ポータブルSSD 日本製 PS4 USB3.1(Gen1) 対応 480GB
SSD-PG480U3-B/NL 耐衝撃・コネクター保護機構

新しいPCが届いてから撮影した写真・動画はすべてPCに入れています。スマホはiPhone、PCはMacなので、AirDropでちょちょいと「ダウンロード」フォルダに写真をコピーし、そこから「写真」アプリにドラッグ&ドロップしてコピー。そのあと、「ダウンロード」フォルダに残った写真・動画ファイルを「ピクチャ」フォルダに移行して保存しています。

Macの容量が少なくなったら「ピクチャ」にある写真を外付けSSDに移行して、容量削減しようと思っています。「写真」アプリから写真を書き出してもいいのですが、うまく全部書き出せるのかわからないので、保険の意味で元データをそのまま「ピクチャ」フォルダに入れています。(Mac使ってない人にはちんぷんかんぷんですよね。すみません・・Macの写真アプリって結構厄介なのです・・)

これで写真のバックアップは完璧!と思いきや、SSDやPCにもデメリットがあります。突然壊れるかもしれないし、災害で失うかもしれないし、盗まれるかもしれないし・・・さらに、SSDには寿命もあります。5年とも7年とも言われていて定かではないのですが、恒久的なものではないですね。買い替え時期が必ず来ると思って、SSDの容量は少なめでいいのではないかなと思っています。

Amazon Photos

GoogleフォトとPC、外付けSSDだけでもいいのですが、もうひとつAmazon Photosも使っています。

Amazon Photosはアマゾンプライム会員なら無料で使用できます。Googleフォトと違って写真の圧縮なしで保存してくれます。

ただし、動画を保存するには有料プランでないとすぐに容量がいっぱいになってしまうので、わたしは写真のみ保存しています。あくまで保険的バックアップですね。ここにも過去15年間の写真すべてを保存しました。

使用中止したサービス

これまでいろんな写真保存サービスを使ってきました。その当時は便利だと思っていたのですが、いろんな理由で不便になり、現在は使用していません。

iCloud

以前は、祖父母との写真共有にiCloudの「共有アルバム」を使用していました。「共有アルバム」に入れた写真はiCloudの容量にカウントされないので無料でたくさんアップロードできてよかったのですが・・・なんとも動作が遅く、動画を含めて50〜100ファイルをアップロードしようと思うと一晩かかるというのに疲れてしまいました。

わたしはiPhone/iPad/Macユーザーなので、すべてのデータをiCloudに入れるというのはとても魅力的なのですが、サブスクリプション料が高すぎて我が家には無理です・・。

Dropbox

スマホからPC(Windows)に写真をコピーするときに使用していました。ある日突然、動画をうまく移行できなくなって、そこで使用するのをやめました。(無料の範囲で使用していました)

Evernote

主人との写真のやりとりで使用したことがあったのですが、あっという間に無料の上限に達してしまうので使用するのをやめました。

フォトブック

子供が生まれたときなぜか「フォトブックを作らなねばぁ〜〜!」という想いに囚われたのですが、1冊だけネットでオーダーしてやめました。

理由は、まず高額であること。それから、場所をとること。そして、作るのに時間がかかること(せっかくだから文字とか入れたくなるよね)。

昔ながらの紙のアルバムももう長らく作っていません。やはりアルバムや写真の印刷、コラージュに使う可愛いシールなどにお金がかかるし、作る時間も膨大だし、何より保管する場所がもったいない!

よほどコラージュ作業が大好きだとか、趣味でないかぎり、アルバム作成はやめたほうがいいと思います。というのも、最近の写真クラウドサービスはキュレーション機能がどんどん進化していて、Googleフォトは「おすすめ」に子供の成長の比較写真や、面白いアニメーション、1年前には何をしていたなど、いろんなお勧め動画・写真を提供してくれます。Appleの写真アプリは同じような写真を1つにまとめてくれるし、Amazon Photosだって「この日(○年前の今日)の思い出」を表示してくれます。

これからの写真・動画管理

結婚した当初(2003年)はちょうどデジカメが流行り始め、失敗しても消せばいいさーといいながらたくさん写真を撮ったのが斬新だったのを覚えています。でも、たくさん撮った後、ちゃんといらない写真を消していました。だって、保存容量が少なかったですから・・。

それからしばらくして、スマホで写真や動画を撮影するようになりました。デジカメで撮るのとそれほど変わらなくなり、スマホの容量も増えてきたことで、どんどん撮影するばかりで整理するのを忘れるようになりました。

子供が生まれて、夫婦そろって同じような写真を何枚も撮るようになりました。子供の表情が一瞬一瞬変わるので、その全てを残そうとして、動画もたくさん撮るようになりました。

もはや撮るばかりであまり振り返って見てないなー・・と思ったころ、Googleフォトから「昨年はこんなことがありましたよ」と通知がありました。見てみると、とても懐かしい、とても愛おしい瞬間がたくさん保存されていました。

たった16年で写真・動画サービスものすごく進歩しました。これからもどんどん進化していくでしょうね。そのたびに、「どうやって写真を管理しようか」と悩むのかもしれませんが、今のところ(2020年)、GoogleとMacとAmazonで管理していくことにしました。

みなさんも、「これからどんどん変わっていくんだろうな〜」ということを前提として、今のところはどうするのか、考えてみるといいのかなと思います。あと20年、40年後、どうなってるのか楽しみですね。もう写真なんてなくなってたりして〜!